ゲーム界の黒船と称されたXBOX

XBOXが日本で発売されたのは、2002年2月22日です。
当時、日本のゲーム機市場に他国メーカーが本格的に参入した例が少なく、XBOXは、ゲーム界の黒船と称されました。
販売台数は、日本で約50万台、北米で約1600万台、欧州で約750万台と、日本での販売台数は他国に比べると落ちるものの、いまや誰もが知るゲーム機となりました。
このため、ゲームソフトのラインナップも豊富なものとなり、有名シリーズのソフトも販売されるように至りました。
XBOXシリーズの特徴の1つとして、プレイを盛り上げる機能が独特という点が挙げられます。
たとえば、カメラやマイクを内蔵することで、一切コントローラーを使用せず、声やジェスチャーでプレイするという機能は、他のゲーム機によるプレイに慣れた人であっても、新鮮な感覚を味わうことができます。
そして、鮮明な映像でゲームの世界観に入り込むことができます。
また、オンラインサービスも整っていますので、XBOX全シリーズの中から欲しいソフトを気軽に購入することができます。